釈眼儒心(読み)シャクガンジュシン

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃくがん‐じゅしん【釈眼儒心】

〘名〙 釈迦の目と孔子の心。仏教と儒教の徳を一身にそなえていること。慈悲仁愛の深いこと。
※貞享版沙石集(1283)三「古人は釈眼儒心の者と云。在世上代猶如法の僧少し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android