里坊(読み)サトボウ

  • さとぼう ‥バウ
  • さとぼう〔バウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 山寺の僧などが人里につくっておく僧房。
※海人刈藻物語(1271頃)三「治部卿のりんしのさとはうもたまへる一条の院の向ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里坊の関連情報