里坊(読み)サトボウ

デジタル大辞泉の解説

さと‐ぼう〔‐バウ〕【里坊】

山寺の僧などが、人里に構える住まい。
「文覚上人の二条猪熊の―に落ち着き給ひて」〈盛衰記・四七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さと‐ぼう ‥バウ【里坊】

〘名〙 山寺の僧などが人里につくっておく僧房
※海人刈藻物語(1271頃)三「治部卿のりんしのさとはうもたまへる一条の院の向ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報