一条(読み)いちじょう

精選版 日本国語大辞典「一条」の解説

いち‐じょう ‥デウ【一条】

〘名〙
① 道、川、煙、布など細長いもの。一本。ひとすじ。
※皇太神宮儀式帳(804)「御床土代敷細布御帳一条」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「ここに従ふものとては、一条(イチデウ)の杖、一葢(いっかい)の笠に過ず」 〔李白‐冬日帰旧山詩〕
② 平城京、平安京などの条坊制で、京城を九条にくぎったうちの一つ。
③ 箇条書きや数えあげる事柄などのひとくだり。
※万葉(8C後)一八・四一〇六・序文「七出例云、但犯一条即合之、無七出輙弃者徒一年半」
※俳諧・其袋(1690)夏「清少納言の橋はと有(ある)一条、あさむつのとかける所也」 〔唐書‐選挙志〕
④ ある一つの事柄。多く、相手がそれを知っている場合に用いて、「例のあの事」の意。一件。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)四「拙者が絶命の一条今日に迫り」
⑤ (①の細いひとすじの意から転じて) わずかなもののたとえ。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉中「乙田も其れにやや一条の活路を開いて」
⑥ 本質的なつながりのあるもの。同じ道理。
※徒然草(1331頃)三八「いかなるをか智といふべき。可、不可は一条なり」 〔荘子‐徳充符〕
⑦ 古い田積(面積を示す単位)の一つ。〔書言字考節用集(1717)〕

いちじょう イチデウ【一条】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一条」の解説

いち‐じょう〔‐デウ〕【一条】

ひと筋。1本。「一条の光」「一条の活路を見いだす」
箇条書きのひとくだり。文章の中の一節。一条項。「一条の注意書き」
ある一つの事柄。一つの事件。一件。「話題がその一条に及ぶ」
「巧に件の不都合をばおおい得る由ありとするも、別に―の不便利あり」〈逍遥小説神髄
同じ筋道。同じ道理。
「可、不可は―なり」〈徒然・三八〉
[類語]一件問題案件けん懸案課題題目本題論題論点争点テーマプロブレム

いちじょう〔イチデウ〕【一条】

五摂家の一。鎌倉初期、九条道家の三男実経が京都一条に住んだのに始まる。

いちじょう〔イチデウ〕【一条】

平安京条坊の一。また、東西に通じる大路の名。一条大路。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android