コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里居 サトイ

デジタル大辞泉の解説

さと‐い〔‐ゐ〕【里居】

女官など宮仕えの人が、宮中を退出して自宅に帰っていること。里さがり。里住み
「などか、―は久しくしつるぞ」〈玉鬘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さとい【里居】

いなかに住んでいること。また、その住まい。さとずみ。
宮仕えをしている人が自分の家に帰っていること。さとずみ。 「 -し給ふ程、御遊びなどもあらまほしけれど/源氏 野分

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

里居の関連キーワードゴッツィ(Gasparo Gozzi)ゴッツィ(Carlo Gozzi)ロッソ・ディ・サン・セコンド作者を探す六人の登場人物デ・フィリッポピランデッロ宿屋の女主人アントネッリニッコデーミニッコリーニキアレッリゴルドーニベネッリベッティ加藤景範心ならず野分

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android