コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮仕え ミヤヅカエ

デジタル大辞泉の解説

みや‐づかえ〔‐づかへ〕【宮仕え】

[名](スル)
宮中に仕えること。宮廷に出仕すること。
官庁・会社などに勤めること。「宮仕えするのも楽じゃない」「すまじきものは宮仕え
貴人に仕えること。
「―する人々の出で集まりて、おのが君々の御ことめできこえ」〈・三〇三〉
目上の人の身のまわりの世話をすること。給仕をすること。
「誰かある、罷(まか)り出でて御僧に―申し候へ」〈謡・朝長

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みやづかえ【宮仕え】

( 名 ) スル
宮中に仕えること。貴人に仕えること。みやづかい。 「 -に出る」 「 -に出でたちて、思ひかけぬさいはひ取り出づるためしども/源氏 帚木
勤めを持つこと。人に仕えること。みやづかい。 「すまじきものは-」
奉仕すること。仕えること。 「舅御の臥悩の抱きかかへ、-は嫁の役/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

宮仕えの関連キーワード小上臈・小上﨟・小上臘ラ・ブリュイエール建礼門院右京大夫後深草院二条差し交じらふ其処へ行くと紫式部日記たまきはる三人官女すまじき交じらふ世に仕う平中興女源氏物語宮仕へ所宮仕へ人蘆刈説話吾が御許生宮仕へ交じらい

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮仕えの関連情報