コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力ターン ジュウリョクターン

デジタル大辞泉の解説

じゅうりょく‐ターン〔ヂユウリヨク‐〕【重力ターン】

人工衛星を円軌道に乗せる打ち上げ方式の一つ。ロケットの打ち上げ後、しばらくしてエンジンを停止すると、地球の重力によって少しずつ軌道が下がり始める。運動方向が地球表面と平行になった時にエンジンを再点火することで、円軌道に乗せる。日本初の人工衛星おおすみは、政治的事情でロケットに誘導制御装置を装備できなかったため、同方式によって打ち上げられた。
スイングバイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android