コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重力ターン ジュウリョクターン

デジタル大辞泉の解説

じゅうりょく‐ターン〔ヂユウリヨク‐〕【重力ターン】

人工衛星を円軌道に乗せる打ち上げ方式の一つ。ロケットの打ち上げ後、しばらくしてエンジンを停止すると、地球の重力によって少しずつ軌道が下がり始める。運動方向が地球表面と平行になった時にエンジンを再点火することで、円軌道に乗せる。日本初の人工衛星おおすみは、政治的事情でロケットに誘導制御装置を装備できなかったため、同方式によって打ち上げられた。
スイングバイ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android