コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重板 ジュウハン

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐はん〔ヂユウ‐〕【重板】

江戸時代、他の本屋出版物をひそかに出版すること。また、その本。偽版

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうはん【重板】

江戸時代、他の本屋の出版物を許可を得ずに出版すること。また、その出版物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重板の言及

【板木】より

…板木は出版する者の重要な財産として土蔵に保存され,乾燥による反り癖を防ぐため両端に添木をするなどのくふうが施されている。その無断複製を〈重板〉,類似の版を〈類板〉と称して江戸時代には厳しく禁止されていた。金属性の活字による活版印刷が19世紀後半に採用されるようになって,板木は急速に用いられなくなった。…

※「重板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重板の関連キーワード神田孝平江戸時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android