コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野中金右衛門 のなか きんえもん

3件 の用語解説(野中金右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野中金右衛門 のなか-きんえもん

1768-1846 江戸時代後期の武士。
明和5年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士。植木方として約半世紀の間,杉の植林と育成につとめ,後年飫肥杉として有名となる基をきずいた。弘化(こうか)3年閏(うるう)5月6日死去。79歳。名は信宜。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野中金右衛門

没年:弘化3.閏5.6(1846.6.29)
生年:明和5(1768)
江戸中・後期,日向国(宮崎県)飫肥藩士。諱は信宜。城下板敷村(日南市)に生まれ,寛政8(1796)年から50年にわたって植木方として指導に当たり,植林の推進,杉苗の品種改良に尽くした。飫肥藩での財政上の植林の始期は元和9(1623)年とされ,次いで宝暦・天明年間(1751~89)の植林があり,寛政1(1789)年には,石那田実右衛門が,天明飢饉の際の藩の救済に報いるとして,5年がかりで10万本の苗木を植えて,藩主に献上している。このような業績に沿って,金右衛門の植林指導も行われた。文政7,8(1824,25)年の藩をあげての一大植林では,8年のものだけでも3カ所,挿杉40万本におよんだ。生年については宝暦11(1761)年説もある。<参考文献>浅野茂夫他『飫肥杉の歴史』,塩谷勉他『飫肥林業発達史』

(永井哲雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野中金右衛門
のなかきんえもん
(1767―1846)

日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士。飫肥藩10代藩主伊東祐鐘(すけあつ)は、1796年(寛政8)以降、藩財政再建のために杉山造林政策を打ち出し、金右衛門は「杉方役」として、杉植栽場「大木場(おおきば)」の開発拡張を積極的に推進した。以後造船用弁甲(べんこう)材として「飫肥杉」の名は大いに高まった。その功により、在職中は300石を加増され、1845年(弘化2)職を辞したあとも隠居扶持(ふち)1石を給された。[上原兼善]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野中金右衛門の関連キーワード斑糲岩石崎融思野中金右衛門石崎融思石崎融思ガラス絵三遊亭円生ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone