コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口王墓古墳

2件 の用語解説(野口王墓古墳の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

野口王墓古墳

天武天皇(在位673~686)と妻の持統天皇(同690~697)を合葬した「檜隈(ひのくま)大内陵」として宮内庁が管理し、立ち入りは厳しく制限されている。「阿不幾乃山陵記」によると、横穴式石室の中に天武天皇のものとみられる漆塗りの棺と、火葬された持統天皇のものらしい金銅製の蔵骨器が並んでいるという。

(2012-11-12 朝日新聞 夕刊 心歴史)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

のぐちおうぼこふん【野口王墓古墳】


奈良県高市郡明日香(あすか)村野口にある古墳。宮内庁によって天武(てんむ)・持統(じとう)合葬陵に治定(じじょう)されており、陵墓名は檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ)。墳丘は八角形で、東西約58m、南北約45m、高さは9m。5段築成で周囲に石壇がめぐらされ、切り石積みの石室が2室あり、天武天皇の棺と持統天皇の骨蔵器が納められているという。『日本書紀』などには688年(持統天皇2)に天武天皇が「大内陵」に埋葬され、703年(大宝3)、前年に亡くなった持統天皇が火葬されたのち合葬されたと記されている。1235年(文暦2)に盗掘にあい、管理が不十分な状態にあったようで、江戸時代には見瀬丸山古墳奈良県橿原市)を合葬陵とする見方があらわれた。その混乱は明治時代まで続いたが、現在では天武・持統天皇合葬陵として治定されている。近畿日本鉄道吉野線飛鳥駅から徒歩約12分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野口王墓古墳の関連キーワード奈良県高市郡明日香村飛鳥奈良県高市郡明日香村雷奈良県高市郡明日香村栢森奈良県高市郡明日香村越奈良県高市郡明日香村小山奈良県高市郡明日香村阪田奈良県高市郡明日香村立部奈良県高市郡明日香村豊浦奈良県高市郡明日香村野口奈良県高市郡明日香村真弓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野口王墓古墳の関連情報