コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野坂操寿(2代) のさか そうじゅ

1件 の用語解説(野坂操寿(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野坂操寿(2代) のさか-そうじゅ

1938- 昭和後期-平成時代の地歌・筝曲(そうきょく)家。
昭和13年4月18日生まれ。初代野坂操寿,加藤柔子に古典箏曲・地歌三絃を師事。昭和44年二十弦箏を,平成3年二十五絃箏を開発。8年東京芸大非常勤講師。14年「第18回野坂惠子リサイタル」で芸術選奨文部科学大臣賞。15年2代野坂操寿を襲名。16年桐朋学園芸術短大特任教授。18年中島健蔵現代音楽賞。23年芸術院賞。生田流箏曲松の実会主宰。東京出身。東京芸大卒。本名は野坂惠子。著作に「悠久の音を求めて」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野坂操寿(2代)の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊イノニュ尾崎秀実カリーニン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone