コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生田流 いくたりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生田流
いくたりゅう

箏曲の流儀名。本来は箏組歌伝承組織上の相違から生じたもので,生田検校を祖とする芸系をいう。大坂では継山流八橋流に対立し,菊筋の大部分 (菊池派は継山流) と中筋 (石塚市浦検校系で,新生田流ともいい,九州系の一部はこれから出た) などがこれに属し,京都では藤池流に属さない派をいう (名古屋系は京都から出た) 。今日では,八橋流,藤池流などが絶えたことと,江戸には生田流だけが進出していたことなどから,江戸で成立した山田流に対して,他流をすべて生田流というようになった。なお,津軽地方に流伝したものが,「郁田流」と表記されることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

生田流【いくたりゅう】

箏曲の流派の一つ。江戸時代前期に京都で活躍した生田検校〔1656-1715〕を始祖とする。京坂を中心に伝えられた系統で,関東中心の山田流に対する。本来は箏組歌の伝承系統を示す語で,その中にさらに新・古などの別があった。
→関連項目地歌山田流

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いくたりゅう【生田流】

箏曲の流儀名。本来は組歌およびその付物の伝承の差によって称せられたもので,八橋検校の創始したものと異なり,また隅山検校,継山検校などの伝承とも異なるという意識で当初は呼ばれた。八橋の創始を改変したのは北島検校であったが,北島は早く没したため,その門下生田検校の名のみが後代に伝えられ,その系統を生田流というようになったともいわれる。大坂では,生田から米山検校を経て伝えられたものを特に古生田流,生田から倉橋・安村・石塚・市浦の各検校を経て伝えられたものを新生田流ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いくたりゅう【生田流】

箏曲の流派。山田流とともに二大流派をなす。一七世紀末に生田検校が創始。箏と地歌三弦との合奏を重視し、地歌とは不可分な関係にある。主として関西で行われ、大正期以降には全国に広まった。 → 山田流

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生田流
いくたりゅう

箏曲(そうきょく)の流派名。箏組歌(ことくみうた)およびこれに付随する段物(だんもの)などの伝承の差によって生じた一流派。近代箏曲の祖と称される八橋検校(やつはしけんぎょう)門下の北島検校城春(じょうしゅん)(?―1690)は、手法を改め独立の意志があったのに、生田検校(いくたけんぎょう)いく一だけに伝えて早く没したため、その志を生田検校が受け継いだ。したがって、後世、北島検校以来の伝承を生田流と称するようになったと、『新八橋流伝授書』などに記されている。その後、大坂においては、菊永検校太一(1742―1824)が伝承を整理し、大坂生田流菊筋に伝えるに至った。一方、江戸には三橋(みつはし)検校弥之一(?―1760)が下って、その門下の菊崎検校加幸一以下、江戸の惣録(そうろく)(検校、勾当(こうとう)の上にあり統轄する官)屋敷を中心に伝承を広めた。この江戸の生田流は、文化(ぶんか)年間(1804~1818)に山田検校が現れ山田流箏曲を創始するまでは、むしろ江戸箏曲の主流であり、その後も伝承は行われた。また、京都においては、三橋検校と同門あるいは弟子ともいわれる安村検校頼一(?―1779)が伝承曲目組織の整理を行った。その伝承は職屋敷を中心に盲人音楽家の間で行われ、安村門下の長谷富(はせとみ)、石塚、久村、河原崎(かわらさき)、藤池、浦崎の各検校によって、江戸、大坂、九州、名古屋、京都など各地に分流されて伝承された。現在では、山田流に対して、それ以外の普通の箏曲を総称する場合にいう。生田流は、楽器本位、とくに三味線中心であり、浄瑠璃(じょうるり)風な唄(うた)本位、そして箏(こと)中心である山田流と趣(おもむき)が異なる。また、箏の楽器や爪(つめ)の形なども異なる。[平山けい子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生田流の言及

【箏曲】より

…以後,盲人社会を中心に,その伝承と創造とが行われ,その門葉からさまざまな流派を生じた。京都では,八橋門下の北島検校から伝承を受けた生田検校以降の伝承を中心として,これを生田流と称したが,大坂では,生田流以外に,継山(つぐやま)検校以降の伝承による継山流もあって,現在にまでその伝承は続いている。ほかに,かつては新八橋流と称する派もあり,また,生田流でも,市浦検校以降の系統を新生田流と称することもあった。…

【山田流】より

…これらの山田流箏曲は,上記掛合物を除いて箏数面と三味線1挺(長唄に近い三味線を使用)の編成を原則とし,歌は,全楽器の演奏者が,弾き歌いで歌い,部分によっては,歌い分けの交互独唱を行う。この狭義の山田流箏曲は,組歌に準じて初・中・奥の歌曲および〈手の物〉(《都の春》《四段砧》など)に分類されるが,生田流をはじめ,地歌演奏家を兼ねる他流の箏曲家には原則として演奏されない。ただし,山田流箏曲家は,組歌・段物をはじめ,地歌移曲物も演奏する。…

※「生田流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生田流の関連キーワード倫説・輪舌・林説・林雪米川 文子(1代目)米川 文子(初代)野坂 操寿(初代)市浦検校(初代)中島 雅楽之都前田 雅楽寿美宮城 喜代子北川 雅楽能中島雅楽之都中川 信次萩原 正吟井上 管山俗箏・俗筝野坂 操寿佐藤 左久松島 糸寿山岸 雅昇富山 清翁宮城 数江

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生田流の関連情報