コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野宮定功 ののみや さだいさ

美術人名辞典の解説

野宮定功

公卿。定祥の男。参議中納言正二位。文久中武家伝奏の重職にあり、よく朝幕の間に処す。安政勤王八十八廷臣の一人。明治14年(1881)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野宮定功 ののみや-さだいさ

1815-1881 幕末-明治時代の公卿(くぎょう)。
文化12年7月26日生まれ。安政5年外交措置を幕府に委任する決定に反対し,万延元年和宮降嫁の御縁組御用掛をつとめる。文久2年武家伝奏(てんそう)となり,公武間の折衝にあたった。元治(げんじ)元年権(ごんの)中納言,慶応元年正二位。維新後,皇后宮大夫。明治14年1月10日死去。67歳。著作に「野宮定功公武御用記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野宮定功の関連キーワード明治時代公卿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android