コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野宮定功 ののみや さだいさ

2件 の用語解説(野宮定功の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

野宮定功

公卿。定祥の男。参議中納言正二位。文久中武家伝奏の重職にあり、よく朝幕の間に処す。安政勤王八十八廷臣の一人。明治14年(1881)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野宮定功 ののみや-さだいさ

1815-1881 幕末-明治時代の公卿(くぎょう)。
文化12年7月26日生まれ。安政5年外交措置を幕府に委任する決定に反対し,万延元年和宮降嫁の御縁組御用掛をつとめる。文久2年武家伝奏(てんそう)となり,公武間の折衝にあたった。元治(げんじ)元年権(ごんの)中納言,慶応元年正二位。維新後,皇后宮大夫。明治14年1月10日死去。67歳。著作に「野宮定功公武御用記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

野宮定功の関連キーワード綾小路有長久我建通園基祥竹屋光昭飛鳥井雅望加藤宗舞杵屋佐吉(3代)近藤真瑶萩原員光真島鶴堂

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone