コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野崎丹斐太郎 のざき にいたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野崎丹斐太郎 のざき-にいたろう

1892-1976 昭和時代の実業家。
明治25年4月18日生まれ。京都帝大でまなぶ。大正14年祖父野崎武吉郎の死去にともない,家業の製塩業経営を継承。カナワ式,真空式,流下式とあたらしい製塩法を導入し,製塩業の近代化をすすめた。昭和44年イオン交換樹脂膜法を採用した。昭和51年9月8日死去。84歳。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野崎丹斐太郎の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android