コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢羽紅 のざわ うこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野沢羽紅 のざわ-うこう

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
夫の野沢凡兆とともに松尾芭蕉(ばしょう)に師事。元禄(げんろく)4年(1691)出家して羽紅尼と号した。句は「猿蓑(さるみの)」などにおさめられている。師に離反した夫とともに大坂にすみ,享保(きょうほう)7年(1722)までの生存が確認されている。名はとめ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野沢羽紅の関連キーワード羽紅(2)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android