コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野生生物保護 やせいせいぶつほごwildlife conservation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野生生物保護
やせいせいぶつほご
wildlife conservation

野生の生物系を乱さないよう,保護,管理を行うこと。自然保護とほとんど同義であるが,ことに動物が中心となる語感がある。保護という語には,人間による美意識的,娯楽的,経済的利用を目的とする開発が含まれるので,必ずしも野生生物のためになっているとはかぎらない。対象生物を限定する場合が普通であるが,ある生物群だけを保護し,ほかを保護しないということは,結局は環境の破壊となり,生物群も滅ぼしてしまう。したがって人為的な保護施設には十分な配慮が必要となる。生物資源の保護には,国際協力や国内法による規制が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

野生生物保護の関連キーワードドントゥンヤイ=ファイカケン自然保護区ハミギタン山地野生生物保護区ゴフ島及びインアクセシブル島鹿児島県大島郡大和村思勝ボムデリン野生生物保護区ケニア山国立公園/自然林沖縄県八重山郡竹富町古見サクテン野生生物保護区セブンティーアイランド長崎県対馬市上県町佐護オカピ野生生物保護区ポール ウィンタージェーン グドール世界のおもな水族館北海道釧路市北斗国際自然保護連合ブロンクス動物園野生生物保護学会世界自然保護基金

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野生生物保護の関連情報