野田正彰(読み)のだ まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野田正彰 のだ-まさあき

1944- 昭和後期-平成時代の精神医学者,評論家。
昭和19年3月31日生まれ。長浜赤十字病院医師,神戸市立外大教授,京都造形芸術大教授をへて平成12年京都女子大教授。16年関西学院大教授。社会がかかえるひずみ精神病理学社会人類学の観点からおいつづけ,昭和62年「コンピュータ新人類の研究」で大宅壮一ノンフィクション賞,平成4年「喪の途上にて」で講談社ノンフィクション賞。高知県出身。北大卒。著作に「漂白される子供たち」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野田正彰の関連情報