コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金の現送点 きんのげんそうてんgold point

翻訳|gold point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金の現送点
きんのげんそうてん
gold point

金本位制度下にみられたもので,金本位国の為替相場平価を中心に金塊の現送費用 (運賃,保険料など) を加減した範囲内で変動するが,この金の現送費用を平価に加算または減算した為替相場の上限および下限をさし,この上限を金輸出点 gold export point,下限を金輸入点 gold import pointという。金の輸出入が自由である場合に,為替相場が金の輸出点以上に騰貴すれば金を現送したほうが有利になるし,逆に為替相場が金輸入点以下に下落すれば金を現実に輸入するほうが有利となる。このため金本位国の為替相場は平価に金現送費を加えた以上には騰貴しないし,また現送費を差引いた水準以下には下落しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android