騰貴(読み)トウキ

デジタル大辞泉 「騰貴」の意味・読み・例文・類語

とう‐き【騰貴】

[名](スル)物価相場があがること。「円が騰貴する」
[類語]高騰値上がり値上げ急騰暴騰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「騰貴」の意味・読み・例文・類語

とう‐き【騰貴】

〘名〙 物価や相場が上がること。また、それを上げること。⇔下落
※経済小学(1867)上「若し人口増さずして財本増せば雇直騰貴し」 〔漢書‐食貨志下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「騰貴」の読み・字形・画数・意味

【騰貴】とうき

物価がはねあがる。明・張綱孫〔苦旱行〕詩 五雨ふらず、六に至る 農夫天を仰ぎて、(こもごも)墮(お)つ~ 如何ぞ、三伏に片雲無き 米價貴して、人(きが)す

字通「騰」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android