コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平価 へいか par value of exchange; exchange parity

6件 の用語解説(平価の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平価
へいか
par value of exchange; exchange parity

本来は金本位制度下での通貨の対外的な純粋価値をいい,法定平価がこれに当る。これに対して第2次世界大戦後のブレトンウッズ体制では,国際通貨基金 IMF加盟国は自国通貨の対外価値を金または 1944年7月1日現在の金価値をもつ米ドル (金1オンス=35米ドル) で表示することが義務づけられ,これから裁定計算された各国通貨間の基準相場を IMF平価という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へい‐か【平価】

IMF体制のもとで、加盟国が自国通貨の価値を金または米ドルで表示した交換比率。1973年、変動為替相場制に移行したので、現在は用いられていない。IMF平価。為替平価
金本位制度のもとで、本位貨幣に含まれる純金の含有量を基準に算出された各国通貨の比価。金平価法定平価。為替平価。
有価証券の価格が額面金額に等しいこと。パー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平価【へいか】

ある通貨と金,また他の通貨との間に定められた交換比率。ふつう金本位国間の金平価をさし,金含有量は法定されているから法定平価ともいわれる。第2次大戦後のIMF体制下ではドルが基軸通貨とされ,ドルの法定平価1オンス=35ドルを基準に,これとの交換比価として各国通貨の為替平価IMF平価)が定められていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

へいか【平価 parity】

金本位制のもとでは,各国通貨一単位は一定量の金で表示され,通貨の金価値保証が行われた。中央銀行は,その国の通貨をいつでもその定められた比率での金との交換を保証した。この一定交換比率のことを法定平価mint par (mint par of exchange),または金平価gold parという。第2次大戦後のIMF体制のもとでは,この法定平価は1オンス=35ドルであった。これは,法律によって定められたドルとの交換比率,ドル表示の金の公定価格である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へいか【平価】

各国通貨の対外価値を示す基準値。金などの特定の金属、または特定の外貨との比率により示される。為替平価。
有価証券の価格が額面金額に等しいこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平価
へいか
par value

各国が通貨の対外価値を示すために定めた、金や一定の金量目を有する外貨(たとえば米ドル)、あるいはヨーロッパの共通通貨単位ECU(エキュ)といった共通の価値基準との交換比率を平価という。さらに、そこから間接的に計算される各国通貨間の交換比率を為替(かわせ)平価(parity)というが、一般にはこれも含めて平価とよんでいる。
 第二次世界大戦前の金本位制の下では、一定量の金と結びつけることで、金平価が設定された。戦後の旧IMF体制においては、金または米ドル(純金1オンス=35ドル)に対して設定し、IMF平価が定められた。同様に、EMS(ヨーロッパ通貨制度)の下では、共通通貨であるECUに対してセントラル・レートである平価が設定され、そこから参加国通貨間の為替平価が計算された。
 1973年に、主要国が変動為替相場制に移行して以来、平価概念は後退した。しかし、開発途上国を中心に、現在でも米ドル、ユーロ、SDR、独自の通貨バスケットに対する平価を設定し、自国通貨の安定を図っている国は相当数に上る。
 なお、平価にはその国の通貨のあるべき価値(均衡為替相場)という意味も含まれており、変動為替相場制の今日も、購買力平価、金利平価という為替相場の均衡値、理論値として使用されている。すなわち、均衡為替相場は各国の通貨の購買力(裏返せば、物価水準)の比率である購買力平価によって決まるという主張(購買力平価説)、各国の通貨の直物相場と先物相場の開きは、各国間の金利差にほぼ等しくなるように決まるという主張(金利平価説)である。[中條誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平価の関連キーワード金核本位制度金為替本位制度金平価金本位制度単本位制度本位制度金核本位制金為替本位制金本位制法定平価

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平価の関連情報