コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金児伯温 かねこ はくおん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金児伯温 かねこ-はくおん

1818-1888 江戸後期-明治時代の砲術家。
文政元年生まれ。信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士藩命江川太郎左衛門師事,帰藩して砲術師範役をつとめる。のち再入門して大砲鋳造をまなび,諸藩から鋳造の依頼をうける。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍にしたがい,会津若松城を砲撃して功をたてた。明治21年5月8日死去。71歳。通称は忠兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金児伯温の関連キーワード金児忠兵衛明治時代