金兜・鉄兜(読み)かなかぶと

精選版 日本国語大辞典「金兜・鉄兜」の解説

かな‐かぶと【金兜・鉄兜】

〘名〙
鉄製かぶと。
碧山日録‐応仁二年(1468)一一月三日「頭或着金冑、或頂
② 鉄製のをかぶったように、考え方に融通性がなく、頑固なこと。また、その人。多く「石部金吉金兜」として用いられる。
浮世草子・本朝浜千鳥(1707)二「物がたき事金吉とよばれ、金甲(カナカブト)で押せども(いが)まず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android