コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碧山日録 へきざんにちろく

4件 の用語解説(碧山日録の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

へきざんにちろく【碧山日録】

室町時代の禅僧太極の日記。五巻。1459~63年、1465~68年の記事が現存する。幕府政治の乱れと応仁の乱当時の社会情勢を記録したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

碧山日録【へきざんにちろく】

京都東福寺内の霊隠(れいいん)軒の軒主であった太極(たいぎょく)の日記。書名は,太極が霊隠軒の一隅を〈碧山佳処〉と名づけて起居したことにちなむ。記事は1459年から1463年,および1465年と1468年のものが伝存する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

へきざんにちろく【碧山日録】

室町時代の日記。5巻。筆者は東福寺内の霊隠軒主太極。1459‐63年(長禄3‐寛正4)と65年,68年(応仁2)の記事が伝存。応仁の乱前夜の幕府政治の乱れと,京都近郊の社会不安を活写する。ことに61年の寛正大飢饉で洛中餓死者8万人が出たことや,清水寺の勧進僧願阿の救済活動などを記録するほか,応仁の乱中の足軽の活躍や,山城木幡郷の郷民の動向等,下層民の記事が生彩に富む。《増補続史料大成》所収。【今谷 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碧山日録
へきざんにちろく

室町中期に出た東福寺派の禅僧雲泉太極(うんぜんたいきょく)(1421~?)の日記。5巻。1459~63年(長禄3~寛正4)までと、1465~68年(寛正6~応仁2)までとが伝存。その内容は、五山僧侶(そうりょ)の生活と当時の世相および文化、とくに京都における寛正(かんしょう)の飢饉(ききん)の惨状、応仁(おうにん)の乱とそれに伴う社会不安や足軽の活動などにわたり、応仁の乱の様相を知るうえの貴重な史料である。『改訂史籍集覧』所収。[芳賀幸四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

碧山日録の関連キーワード東福寺派温伯正琇寒殿司九峰韶奏岐陽方秀起竜永春月泉祥洵存耕祖黙兆渓元明芳郷光隣

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

碧山日録の関連情報