コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属キレート化合物 きんぞくキレートかごうぶつmetallic chelate compound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属キレート化合物
きんぞくキレートかごうぶつ
metallic chelate compound

錯塩のうち,中心金属に2座またはそれ以上の多座配位子が配位して生じた環状構造をもつ化合物の総称。「キレート」は「カニのはさみ」を意味するギリシア語に由来する。これは配位子がカニのはさみのように中心金属をつかんでキレート化合物を生じる形から名づけられた。キレート化合物は単純な錯塩より安定で解離しにくい性質があるので,キレート試薬は金属の封鎖剤として分析化学のみならず,広く工業,医学でも重要。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

金属キレート化合物の関連キーワードジメチルグリオキシムキレーション

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android