コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金春広成 こんぱる ひろしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金春広成 こんぱる-ひろしげ

1830-1896 幕末-明治時代の能楽師シテ方。
文政13年1月25日生まれ。金春流別家八左衛門家から宗家73代の金春元昭(もとてる)の養子となり,74代をついだ。明治29年4月1日死去。67歳。通称は八郎,為三郎。法名は禅成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金春広成の言及

【金春流】より

…(1)能のシテ方の流派名。かつて竹田郷と呼ばれた奈良県磯城(しき)郡田原本(たわらもと)町西竹田付近を本拠とし,鎌倉時代から初瀬寺に属し,のち春日神社・興福寺に勤仕した円満井座(えんまんいざ∥えまいざ)ののちの名で,大和猿楽四座のうちで最も歴史が古い。竹田の座ともいった。系図では聖徳太子時代の秦河勝(はたのかわかつ)を遠祖とし,現家元まで79代を数えるが,猿楽の家としては,南北朝時代の毘沙王権守(びしやおうごんのかみ)(河勝より53世)あたりを流祖とみてよいであろう。…

※「金春広成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金春広成の関連キーワード金春 八郎義広明治時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android