金武良仁(読み)きん りょうじん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金武良仁 きん-りょうじん

1873-1936 明治-昭和時代前期の音楽家。
琉球の尚泰(しょうたい)王26年5月4日生まれ。安室朝持(あむろ-ちょうじ)に琉球古典音楽をまなぶ。24歳で師範代となって三線(さんしん)と声楽一体化をめざす安冨祖(あふそ)流をうけつぎ,演奏法の体系化をなしとげた。昭和11年9月1日死去。64歳。琉球出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android