コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金比羅 こんぴら

1件 の用語解説(金比羅の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

金比羅【こんぴら】

サンスクリット,クンビーラの音訳。仏教守護神の一つで,ガンジス川に棲む蛟竜(こうりゅう)または鰐(わに)の意味。王舎城,般若経の守護神とされ,日本では金刀比羅(ことひら)宮がこの信仰に基づく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

金比羅の関連キーワードクリップサンスクリット語沙門パーニニプラークリット語サンスクリット文殊サンスクリーンクリームブイビースクリプト木村日紀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金比羅の関連情報