コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金比羅 こんぴら

百科事典マイペディアの解説

金比羅【こんぴら】

サンスクリット,クンビーラの音訳。仏教守護神の一つで,ガンジス川に棲む蛟竜(こうりゅう)または鰐(わに)の意味。王舎城,般若経の守護神とされ,日本では金刀比羅(ことひら)宮がこの信仰に基づく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

金比羅の関連キーワード北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉熊本県阿蘇郡南小国町満願寺北海道苫前郡初山別村竹本 綱吉(4代目)志摩(三重県の地名)おもな浪花節の演目富山(千葉県、山)伊勢志摩国立公園長崎七高山巡りサンスクリット位野木 峯夫南小国(町)金比羅絵馬館長崎(市)志摩[町]金比羅船々よしこの節清水次郎長長崎[市]金刀比羅宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金比羅の関連情報