コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金沢一本太(いっぽんぶと)ねぎ

デジタル大辞泉プラスの解説

金沢一本太(いっぽんぶと)ねぎ

石川県金沢市で生産されるネギ。軟白部は太く長く、分けつしない。来歴不明だが明治期から栽培されている。「金沢一本」「金沢太ねぎ」「金沢根深ねぎ」などとも呼ばれる。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

金沢一本太ねぎ[葉茎菜類]
かなざわいっぽんふとねぎ

北陸甲信越地方、石川県の地域ブランド。
主に金沢市で生産されている。長野県松本地方より導入されたものが原種であるという。耐寒性がある。葉はやや濃緑色で、軟白部は太くて長い。肉質はやわらかく、すき焼き鍋物に適する。6月下旬から9月ぐらいまで収穫される。加賀野菜の一つ。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

金沢一本太(いっぽんぶと)ねぎの関連キーワード石川県金沢市

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android