コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金炳勲 きんへいくんKim Pyŏng‐hun

世界大百科事典 第2版の解説

きんへいくん【金炳勲 Kim Pyŏng‐hun】

1929‐
朝鮮民主主義人民共和国作家。咸鏡北道生れ。解放後,民主青年同盟で活動したが,朝鮮戦争期に朝鮮人民軍に入隊戦線で銃をとりながら文学修業を始めた。1952年平壌師範大学に推されて入学,57年卒業後は出版部門で活動するかたわら小説を書く。創作の功績により金日成賞を獲得,若い世代に人気のある作家として執筆に専念。代表作千里馬(チヨンリマ)時代の新しい人間像を描いた短編《道づれ》(1960)のほか,抗日武装闘争を内容とする長編《森はざわめく》(1965),《燃える季節》(1970)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金炳勲
きんへいくん

キム・ピョンフン(金炳勲)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android