コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金炳勲 きんへいくん

2件 の用語解説(金炳勲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金炳勲
きんへいくん

「キム・ピョンフン (金炳勲)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんへいくん【金炳勲 Kim Pyŏng‐hun】

1929‐
朝鮮民主主義人民共和国の作家。咸鏡北道生れ。解放後,民主青年同盟で活動したが,朝鮮戦争期に朝鮮人民軍に入隊,戦線で銃をとりながら文学修業を始めた。1952年平壌師範大学に推されて入学,57年卒業後は出版部門で活動するかたわら小説を書く。創作の功績により金日成賞を獲得,若い世代に人気のある作家として執筆に専念。代表作に千里馬(チヨンリマ)時代の新しい人間像を描いた短編《道づれ》(1960)のほか,抗日武装闘争を内容とする長編《森はざわめく》(1965),《燃える季節》(1970)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金炳勲の関連キーワード咸鏡北道朝鮮民主主義人民共和国摩天嶺山脈松岳脱北北韓南朝鮮舞水端里拉北者朝鮮民主主義人民共和国科学院

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone