コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金炳勲 きんへいくん

2件 の用語解説(金炳勲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金炳勲
きんへいくん

「キム・ピョンフン (金炳勲)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんへいくん【金炳勲 Kim Pyŏng‐hun】

1929‐
朝鮮民主主義人民共和国の作家。咸鏡北道生れ。解放後,民主青年同盟で活動したが,朝鮮戦争期に朝鮮人民軍に入隊,戦線で銃をとりながら文学修業を始めた。1952年平壌師範大学に推されて入学,57年卒業後は出版部門で活動するかたわら小説を書く。創作の功績により金日成賞を獲得,若い世代に人気のある作家として執筆に専念。代表作に千里馬(チヨンリマ)時代の新しい人間像を描いた短編《道づれ》(1960)のほか,抗日武装闘争を内容とする長編《森はざわめく》(1965),《燃える季節》(1970)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone