コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金碧画 きんぺきが

百科事典マイペディアの解説

金碧画【きんぺきが】

金銀の(はく)や野毛(のげ)(箔を細く切ったもの),泥などで地をつくった上に岩絵具で濃彩を施した装飾的絵画。桃山時代に完成された。
→関連項目狩野元信濃絵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

金碧画の関連キーワード曾我二直庵長谷川等伯金碧障屏画狩野山雪海北友松障屏画書院造