コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩絵具 いわえのぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩絵具
いわえのぐ

天然に産する鉱物を原料とする絵具無機顔料。水に溶解しない粉末で膠水と練り合せて用いる。鮮明な色調を長期間保ち,東洋絵画の絵具の主流。藍銅鉱として産する濃青色の群青 (ぐんじょう) をはじめ,緑色の緑青 (ろくしょう。孔雀石) ,赤色の朱 (辰砂) などがおもなもので,ほかに丹,黄土,岱赭 (たいしゃ) ,白土胡粉など色数は限られているが,混色されることは少い。群青,緑青などの場合は粉砕して微粒状にすることで明るい色調 (白群,白緑) が得られる。その他金属化合物から人工的に作られるものを新岩絵具と呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岩絵具【いわえのぐ】

洋画に用いる絵具。朱,丹,緑青(ろくしょう),群青(ぐんじょう),代赭(たいしゃ),黄土,胡粉(ごふん)など,いずれも鉱物を砕いて精製した不透明顔料。粒子を細かくすると薄い色になる。
→関連項目梅原竜三郎絵具金碧画濃絵日本画

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の岩絵具の言及

【絵具】より

…おもな絵具とその展色剤主成分を列挙すると次のようになる。(1)水性絵具 水彩絵具およびグアッシュ(アラビアゴム+水),ポスター・カラー(にかわまたはデキストリン,エチレングリコール+水),テンペラ(卵またはカゼイン),フレスコ(石灰水),墨汁および岩絵具(にかわ液),水性アクリル絵具(アクリルエマルジョン)。(2)油性絵具 油絵具(植物性乾性油+樹脂),ペンキおよびエナメル(乾性油または有機溶剤+樹脂),クレヨンおよびパス(蠟+乾性油),油性版画インク(乾性油),シルクスクリーン用インク(乾性油,アルキド樹脂など)。…

【日本画】より

…ほかに,朱土や,胡粉(ごふん)を塗ったのも使われる。
[絵具]
 日本画の絵具を大別すると,古代より使われていた天然に産出する鉱物を砕いた岩絵具と,動植物から抽出した色素を顔料とする絵具,そして近代以降開発された人造の絵具とに分かれる。ここでは天然色料を中心に述べる。…

※「岩絵具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩絵具の関連キーワードラピスラズリにかわ(膠)中川 一政有元利夫京版画宅磨派李禹煥作り絵板絵

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩絵具の関連情報