コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃絵 だみえ

3件 の用語解説(濃絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃絵
だみえ

近世絵画の用語としては岩絵具を厚手に用いた濃彩画をさす。しかし平安時代における「だみえ」と呼ばれたものは逆に「淡絵」と書き,金銀泥で描いた絵,あるいは彩色に金銀泥を加えた絵を意味したと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

濃絵【だみえ】

群青(ぐんじょう),緑青(ろくしょう),丹などの岩絵具や金銀泥を厚く塗り,余白に金箔(きんぱく)をはった装飾的な絵をいう。桃山時代金碧(きんぺき)画がその典型。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

だみえ【濃絵】

桃山時代に隆盛をみた障壁画。地や画面内の雲形に金銀箔を用い、花鳥などを極彩色で描いた装飾性の強いもの。狩野派に代表される。金碧こんぺき障壁画。
濃い彩色を施した絵。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濃絵の関連キーワード五木艶陽睡蓮五果桃原桃山台桃山町大久保(桃)白鳳(桃)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone