コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濃絵 だみえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濃絵
だみえ

近世絵画の用語としては岩絵具を厚手に用いた濃彩画をさす。しかし平安時代における「だみえ」と呼ばれたものは逆に「淡絵」と書き,金銀泥で描いた絵,あるいは彩色に金銀泥を加えた絵を意味したと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

濃絵【だみえ】

群青(ぐんじょう),緑青(ろくしょう),丹などの岩絵具や金銀泥を厚く塗り,余白に金箔(きんぱく)をはった装飾的な絵をいう。桃山時代金碧(きんぺき)画がその典型。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

だみえ【濃絵】

桃山時代に隆盛をみた障壁画。地や画面内の雲形に金銀箔を用い、花鳥などを極彩色で描いた装飾性の強いもの。狩野派に代表される。金碧こんぺき障壁画。
濃い彩色を施した絵。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone