金縁(読み)キンブチ

精選版 日本国語大辞典の解説

きん‐ぶち【金縁】

〘名〙
① 縁を金または金色に作ったもの。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉九九「彼黄金縁(キンブチ)の眼鏡で確と記臆(おぼ)え込みたる磯貝なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報