コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯貝 イソガイ

デジタル大辞泉の解説

いそ‐がい〔‐がひ〕【×磯貝】

磯辺に打ち上げられた貝殻。特に、二枚貝が一片となって磯辺にあるもの。
アワビの別名。
スズメガイの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いそがい【磯貝】

スズメガイの別名。
磯にすむ貝。中でもアワビのような一枚貝をさし、「片かた」の序詞になる。一説に、岸に打ち上げられた貝殻。砕かれて片割れているところから「片」の序詞となる。 「水くくる玉に交じれる-の片恋のみに年は経につつ/万葉集 2796

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

磯貝の関連キーワード渋江抽斎(森鴎外の小説)四十七士(赤穂四十七士)五味康祐(ごみやすすけ)高瀬舟(森鴎外の小説)妄想(森鴎外の小説)ヰタセクスアリスうたかたの記ナイテタッテ磯川 元春最後の一句田中貢太郎柴田錬三郎畔柳都太郎山手樹一郎南国太平記井上友一郎国枝史郎邦枝完二源氏鶏太富田常雄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯貝の関連情報