コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融所得一体課税 きんゆうしょとくいったいかぜい

1件 の用語解説(金融所得一体課税の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

金融所得一体課税

利子、配当、株式等譲渡益などさまざまな法定の所得区分に属する金融資産の運用から生じる所得を金融所得として一くくりにして課税すること。政府税制調査会は、2003年6月の中期答申「少子・高齢社会における税制のあり方」において、今後、金融所得課税をできる限り一体化することを目指すべきであるとの方向を示した。これを受けて、04年6月に金融小委員会が「金融所得課税の一体化についての基本的考え方」を発表した。その中では、今後の人口減少社会においては、貯蓄率の反転上昇による金融資産の増加を期待することは難しく、むしろ現存する金融資産を効率的に活用することこそが経済の活力維持のための鍵であるとし、一般の個人の「投資」対象である上場株式や公募株式投資信託に対する利便性を高めるために、金融所得の間で課税方式の均衡化をできる限り図り、損益通算の範囲を拡大することが具体的内容とされている。

(神野直彦 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融所得一体課税の関連キーワード擬制資本色色品品天文どさどさ利子生み資本百端まざまざし・い譲渡益株式譲渡益・配当所得への減税

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone