金谷五郎三郎(読み)かなやごろさぶろう

世界大百科事典 第2版の解説

かなやごろさぶろう【金谷五郎三郎】

江戸時代の鋳金工。鉄釜などをつくり,代々同名を世襲した。初世(1581‐1668)は豊臣家の武人安藤氏の子で,鉄に対する独自の錆付法(着色法)を開発して〈五郎三色〉といわれ,世人に賞玩された。3世は茶器および書院の諸道具の製作で知られ,5世は新案の才があり,7世より工房による工業的な生産を行うようになった。9世より金家を金谷と改めた。12世は安永年間(1772‐81)に緋色銅を発明して,以後これを秘伝とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android