コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金鷲優婆塞 こんじゅうばそく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金鷲優婆塞 こんじゅうばそく

?-? 奈良時代の行者。
「日本霊異(りょうい)記」によると,奈良京の東の山寺で執金剛神像をまえに修行をしていたところ像から光がはなたれ,その霊験に感じた聖武(しょうむ)天皇に得度をゆるされたという。金鐘寺(のちの東大寺法華堂)を建立した良弁(ろうべん)と同一人物とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android