釘締(読み)くぎじめ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「『フレッチンマシイネ』は〈略〉滊罐縫合(とちあはせ)の処を釘厳(クキシメ)する器械なり」
② 隠し釘を打ち込むための工具。へしこみ。
③ 念を入れてかたく約束しておくこと。釘を刺すこと。
※人情本・沉魚伝(1832‐42)三「殊に先頃(いつぞや)婚礼の、その席にても嗜ましたる、詞は、後日(ごにち)の釘〆(クギジメ)なるを」
④ ねじまわし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android