コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釘隠 くぎかくし

2件 の用語解説(釘隠の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

釘隠【くぎかくし】

長押(なげし)を貫いて柱に打ちつけた釘の頭をおおう装飾金具。実用から起こったものだが,建築の細部に装飾が豊富になった桃山時代以降に多く,金銅,銅などで意匠を凝らしたものが作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釘隠
くぎかくし

長押(なげし)や扉に打った釘の頭を隠すためにつけた木製や金属製の飾り。古くは半球状のものが多く、唄(ばい)、またはその形状から饅頭(まんじゅう)金物、乳(ちち)金物という。平安時代中期からは長押の釘隠に花弁形の四葉や六葉の座がつくようになり、さらに発展して釘隠自体が四葉、六葉、八葉形などになり、表面には筋(すじ)彫り、鋤(すき)彫り、透(すかし)彫りなどが施され、鍍金(めっき)されて華やかになる。近世では草花、鳥獣など写実的な飾りをつけることが多い。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の釘隠の言及

【建築金物】より

… 飾金具は多くの種類があり,形や使用個所,用途などによって種々に分けられ,呼名が異なる。扉の唄金具(饅頭金具,乳金具)や長押の六葉などの釘隠(くぎかくし)は,留釘の先や頭を隠すためのまったく装飾用のものである。扉の散金具(ちらしかなぐ)や長押,茅負(かやおい),破風板などの隅や中央に打った金具も装飾用ではあるが,そのうち板扉の隅金具,桟唐戸(さんからど)の辻金具,茅負の留金具,破風板の拝み金具などは元来は補強的な意味もあったのだろう。…

※「釘隠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釘隠の関連キーワード釘隠し蟻壁長押内法長押上長押縁長押腰長押下長押地長押半長押切目長押

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釘隠の関連情報