コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釘隠 くぎかくし

百科事典マイペディアの解説

釘隠【くぎかくし】

長押(なげし)を貫いて柱に打ちつけた釘の頭をおおう装金具。実用から起こったものだが,建築の細部に装飾が豊富になった桃山時代以降に多く,金銅,銅などで意匠を凝らしたものが作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釘隠
くぎかくし

長押(なげし)や扉に打った釘の頭を隠すためにつけた木製や金属製の飾り。古くは半球状のものが多く、唄(ばい)、またはその形状から饅頭(まんじゅう)金物、乳(ちち)金物という。平安時代中期からは長押の釘隠に花弁形の四葉や六葉の座がつくようになり、さらに発展して釘隠自体が四葉、六葉、八葉形などになり、表面には筋(すじ)彫り、鋤(すき)彫り、透(すかし)彫りなどが施され、鍍金(めっき)されて華やかになる。近世では草花、鳥獣など写実的な飾りをつけることが多い。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の釘隠の言及

【建築金物】より

… 飾金具は多くの種類があり,形や使用個所,用途などによって種々に分けられ,呼名が異なる。扉の唄金具(饅頭金具,乳金具)や長押の六葉などの釘隠(くぎかくし)は,留釘の先や頭を隠すためのまったく装飾用のものである。扉の散金具(ちらしかなぐ)や長押,茅負(かやおい),破風板などの隅や中央に打った金具も装飾用ではあるが,そのうち板扉の隅金具,桟唐戸(さんからど)の辻金具,茅負の留金具,破風板の拝み金具などは元来は補強的な意味もあったのだろう。…

※「釘隠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

釘隠の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)七宝(工芸)平田道仁数寄屋造茶室一覧七宝文乳金物桂離宮琅玕六葉四葉密庵嘉長唐戸

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釘隠の関連情報