釘隠し(読み)くぎかくし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釘隠し
くぎかくし

建築装飾金具の一つ。長押 (なげし) や扉に打った釘の頭を隠すために用いる。まれに陶製,木製のものもある。桃山時代以降多様に変化した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くぎ‐かくし【×釘隠し】

長押(なげし)などに打った釘の頭を隠すための金属や木製の飾り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くぎかくし【釘隠し】

長押なげしなどに打った釘の頭部を隠すためにつける装飾用の金物。六葉が古くから最も一般的に用いられているが、近世以降はさまざまな形のものも考案され用いられた。 → 六葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釘隠しの関連情報