コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯巻 ゆまき

3件 の用語解説(湯巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯巻
ゆまき

平安時代に宮中に仕えていた女房たちが湯殿奉仕の際に,装束のよごれを防ぐために用いた前垂れのような形態の服飾品。のち湯殿奉仕ばかりでなく一般の仕事の際にも用いられ,また鎌倉時代には女性の袴の着脱の不便さから裳的な袴が用いられることとなり,これが湯巻と呼ばれて下級女官の日常着となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐まき【湯巻(き)】

古代・中世、貴人の入浴に奉仕する女官が、湯にぬれるのを防ぐために衣服の上から腰に巻いた裳(も)の一種。多くは白い生絹(すずし)を用い、のちには模様のあるものも用いた。いまき。
入浴の際に腰に巻いた布。江戸時代、宝永(1704~1711)ころまでは男女とも裸で入浴することはなく、布を腰に巻いて入った。湯文字(ゆもじ)。
女性の腰巻き。蹴出(けだ)し。二幅(ふたの)。いまき。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆまき【湯巻】

入浴するときに腰に巻いた布。江戸時代中頃まで男女とも裸で入浴することはなかった。湯文字。
中古、貴人の入浴に奉仕する人がぬれないように衣服の上から腰にまとったもの。多くは白い生絹すずしを用いた。のちには身分の高くない女性が袿うちき代わりに用いた。
女性の腰巻。蹴出けだし。ふたの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の湯巻の言及

【腰巻】より

…初めは武家社会の婦人の礼装として用いられた表着(うわぎ)を指したが,江戸時代後期以降主として庶民社会の女性に用いられた湯巻や蹴出(けだし)のことを腰巻というようになった。さらに現代では腰から脚部にかけてまとう布を,腰巻と総称するようになった。…

【服装】より

…素襖も直垂から変化したもので,ただ袖に露のないこと,胸紐と菊綴(きくとじ)が革(かわ)であること,袴の腰が共裂(ともぎれ)であることを特色とした。 女子の礼装は平安末期から漸次簡略化されて,衣袴,小袖袴などの服装が行われたが,室町時代に入ると,ようやく袴を着用しない湯巻姿,腰巻姿が女子の礼装として認められた。湯巻は御湯殿奉仕の女官の着用したもので,裳のように下体に巻くものであったが,袴より身軽なところから,この時代に一般女官の服装として用いられ,文様,色目,地質など華美なものとなった。…

【風呂】より

…【玉井 哲雄】
[入浴の習俗]
 江戸前期までは,銭湯などで入浴の際には下帯,腰巻をするのが習慣で,別に持参した下帯,腰巻とつけ替えて入浴し,下盥(しもだらい)で洗って持ち帰った。この下帯を〈ふろふんどし〉,腰巻あるいは身に巻きつける布を〈湯文字(ゆもじ)〉〈湯巻〉といった。また,ぬれたものを包むため,あるいは風呂で敷いて身じまいをするための布を風呂敷といい,その名称は今日も残っている。…

※「湯巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone