コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴屋集 スズノヤシュウ

デジタル大辞泉の解説

すずのやしゅう〔すずのやシフ〕【鈴屋集】

江戸後期の歌文集。7巻。本居宣長著。長男春庭(はるにわ)編。寛政10~12年(1798~1800)刊。享和3年(1803)養子大平(おおひら)編の補遺2巻が刊行される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すずのやしゅう【鈴屋集】

歌文集。七巻。本居宣長自撰。1798~1800年刊。長短歌・詞文に古風・近体を試みる。古風は賀茂真淵の教えを実践したもの。近体は平凡であるが、王朝的雅みやびへの憧憬がうかがわれる。補遺八・九巻(本居大平編、1803年刊)がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報