コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本居大平 もとおり おおひら

デジタル大辞泉の解説

もとおり‐おおひら〔もとをりおほひら〕【本居大平】

[1756~1833]江戸後期の国学者。伊勢の人。号、藤垣内(ふじのかきつ)。宣長に入門し、のち、その養子となる。紀州侯に仕え、宣長の学問を継承し、普及に努めた。著「古学要」「神楽歌新釈」「玉鉾百首解」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本居大平【もとおりおおひら】

江戸後期の国学者。旧姓は稲掛(いながけ)氏。号は藤垣内(ふじのかきつ)。伊勢の人。13歳で本居宣長(のりなが)の門に入り,44歳でその養子となる。宣長の祖述につとめ,宣長の実子春庭(はるにわ)の失明後は家督を継いだ。
→関連項目足代弘訓伊達千広

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本居大平 もとおり-おおひら

1756-1833 江戸時代中期-後期の国学者。
宝暦6年2月17日生まれ。本居宣長(のりなが)に入門し,養子となって本居家をついだ。和歌山藩につかえ「紀伊(きい)続風土記」を編集。学派の発展につくし,門弟は千余人におよんだ。天保(てんぽう)4年9月11日死去。78歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓は稲掛(懸)。初名は茂穂。通称は十介,三四右衛門。号は藤垣内(ふじのかきつ)。著作に「古学要」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本居大平

没年:天保4.9.11(1833.10.23)
生年:宝暦6.2.17(1756.3.17)
江戸中・後期の国学者。旧姓稲掛氏。幼名常松,のち茂穂,重穂,大平。通称十蔵,十太,十介。伊勢国(三重県)松坂の豆腐商稲掛棟隆の子。本居宣長の養子となり,家督をうけたのちは,本居三四右衛門と称し,藤垣内翁と呼ばれた。13歳のとき,宣長に入門,以後,宣長の旅に随行するなど近仕した。寛政11(1799)年44歳で宣長の養子となり,宣長の死後,眼疾の本居春庭に代わって本居家を継ぐ。紀州(和歌山)藩主徳川治宝に仕え,文化5(1808)年『紀伊続風土記』選進の命を蒙り,6年には松坂を離れて,妻子を連れて和歌山に移住した。藩主に進講したり,門人の要請によって伊勢,松坂,京都に出向いて指導した。門人も1000人以上におよんだ。しかし学問的には特に卓抜な業績はなかった。曲亭馬琴が「人品良き人」(『羇旅漫録』)と評したように,その温厚篤実な人柄によって本居学派をまとめた。大平は長男,次男,3男を相次いで亡くし,3女藤子の婿の浜田鎌次郎を養子として,本居内遠として家を継がせた。

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もとおりおおひら【本居大平】

1756‐1833(宝暦6‐天保4)
江戸後期の国学者,歌人。伊勢松坂の人。稲掛棟隆の子で,十介茂穂といったが,宣長没後,本居家を継いで通称も三四右衛門と改める。雅号藤垣内(ふじのかきつ)。のち和歌山に移住し,紀州徳川家出仕侍講などを勤めた。門人1000余人を数え,化政期(1804‐30)の国学界で随一の勢力を誇った。宣長の祖述につとめ,《古学要》《神楽歌新釈》などを著した。また歌集に《稲葉集》《藤垣内集》があり,古風,今風の両方に長じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もとおりおおひら【本居大平】

1756~1833) 江戸後期の国学者。伊勢松阪の人。号、藤垣内ふじのかきつ。宣長の門に入り、のちその養子となる。紀州侯に仕え国学を講じ、宣長の学問を普及させた。著「藤垣内集」「有馬日記」「古学要」「神楽歌新釈」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本居大平
もとおりおおひら

[生]宝暦6(1756).2.17. 伊勢,松坂
[没]天保4(1833).9.11. 和歌山
江戸時代後期の国学者。旧姓は稲懸,幼名は常松,のちに十太,十介。通称は三四右衛門,号は藤垣内。 13歳のとき本居宣長の門に入り茂穂と称した。宣長に愛され,44歳でその養子となり,宣長の死後,失明した宣長の子春庭に代って家を継ぎ,紀伊藩に仕えて国学を講じた。近藤芳樹加納諸平,中島広足,伊達千広など門人も多く,宣長学の普及に力を尽した。著書『古学要』 (1809成立) ,『神楽歌新釈』『万葉集合解』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本居大平
もとおりおおひら
(1756―1833)

江戸後期の国学者、歌人。通称三四右衛門、藤垣内(ふじのかきつ)と号した。伊勢(いせ)松坂に豆腐商稲掛棟隆の子として生まれる。父も本居宣長(のりなが)の高弟。13歳で宣長に入門し、44歳で宣長の養子となる。宣長の実子春庭(はるにわ)が盲目であったため、宣長の死後47歳で家督を相続して紀州侯に仕え、和歌山に移住する。天保(てんぽう)4年9月11日78歳で没した。女婿内遠(うちとお)が本居家を嗣(つ)ぐ。研究も作歌も独創性を欠くが、温厚な人柄と親切な教授により、1000余名の門弟を擁し、宣長の学芸を継承してその普及に努めた。主要な門人に加納諸平(かのうもろひら)、近藤芳樹(よしき)、長沢伴雄(ともお)がいる。研究書に『神楽(かぐら)歌新釈』、歌文集に『稲葉集』『藤垣内文集』があり、『本居全集』『増補本居宣長全集』に収められている。[上野 理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

本居大平 (もとおりおおひら)

生年月日:1756年2月17日
江戸時代中期;後期の国学者
1833年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

本居大平の関連キーワード岩上登波子五十嵐篤好佐藤枝彦本居建正大橋長広静間三積井上頼定本居清島本居永平小原良直田中延香足代幸子生年月日中山美石植松茂岳清岡道香檜垣貞度広田正方坂部政幹石金音主

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android