鈴木 清次郎(読み)スズキ セイジロウ

20世紀日本人名事典「鈴木 清次郎」の解説

鈴木 清次郎
スズキ セイジロウ

大正・昭和期の小説家



生年
明治34(1901)年8月21日

没年
昭和35(1960)年2月12日

出生地
東京

経歴
昭和4年「文芸戦線」に「断層」を発表、次いで「人間売りたし」「朦朧百貨店」を同誌に書いた。のち左翼芸術家連盟、労農芸術家連盟に加わり、機関誌に「トーキー前後」を連載した。14年には旧文戦系の同人誌「双紙」に参加。15年「日本橋」が芥川賞候補となった。戦後は新日本文学会に参加。他に「黒白」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android