コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木勘右衛門 すずき かんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木勘右衛門 すずき-かんえもん

?-? 江戸時代前期の漁業家。
陸奥(むつ)本吉郡(宮城県)唐桑(からくわ)村の人。延宝3年(1675)紀伊(きい)牟婁(むろ)郡(和歌山県)から鰹(かつお)の一本釣り漁船をまねき,紀伊の鰹溜(ため)釣り漁法を仙台藩内に普及させた。また気仙沼地方の造船業や鰹節製造にもかかわった。屋号古館(こだて)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木勘右衛門

生年:生没年不詳
江戸前期の漁業家。仙台藩(宮城県)本吉郡北方唐桑村の出身。屋号古館。延宝3(1675)年,紀州から鰹の一本釣り漁船を古館家に招いた。当時,他国の漁夫を留め置くことは飯米や鰹節製造の薪が消費されるということで,地元漁民の反対にあったが,紀州の鰹溜釣り漁法(飼鰯を海面に撒くことで鰹を集めて釣る漁法)を仙台藩に普及させ,その後の気仙沼地方の造船業や鰹節製造業の発達にも影響を与えた。<参考文献>日本常民文化研究所編『陸前唐桑の資料』

(川島秀一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鈴木勘右衛門の関連キーワード陸奥

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android