コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐桑 からくわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐桑
からくわ

宮城県北東部,気仙沼市北東部の旧町域。広田湾西岸および唐桑半島に位置する。1955年町制施行。2006年気仙沼市と合体。唐桑半島の東海岸ワカメコンブヒジキなどの海産物に恵まれ,西海岸はカキ,ワカメ,ホタテガイなどの養殖が行なわれる。沿岸漁業および遠洋漁業が主産業。東海岸に巨釜・半造の景勝地があり,1964年陸中海岸国立公園(→三陸復興国立公園)に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

から‐くわ〔‐くは〕【唐桑】

中国から渡来した桑の木材。木目が美しく、細工物の材料とする。とうぐわ。
ハナズオウの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からくわ【唐桑】

中国から輸入した桑材。木目が美しい。とうぐわ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐桑
からくわ

宮城県北東端、本吉(もとよし)郡にあった旧町名(唐桑町(ちょう))。現在は気仙沼(けせんぬま)市の東部を占める地域。旧唐桑町は1955年(昭和30)町制施行。2006年(平成18)気仙沼市に合併。国道45号が通じる。旧町域は太平洋に面する。丘陵地では畑作を主とする農業も行われるが、就業人口の約4分の1は漁業、水産養殖業に従事する。唐桑半島の東岸ではノリ、ワカメ、アワビ、ホヤなどの採取やイカナゴ漁、西岸では小型定置網漁業や浅海養殖業が行われる。遠洋漁業乗組員も多く、気仙沼を根拠地として活躍。三陸沖の黒潮の影響で冬季も比較的温暖で、タブやツバキが群生する。巨釜(おおがま)・半造(はんぞう)、大理石海岸、御崎(おさき)のリアス式海岸の奇勝もあり、三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)に含まれ、海域公園もある。北西部の九九(くぐ)鳴き浜は、歩くと音がする砂浜として知られる。[青柳光太郎]
『『唐桑町史』(1968・唐桑町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

唐桑 (カラクワ)

植物。マメ科の落葉小高木,園芸植物。ハナズオウの別称

唐桑 (カラクワ)

植物。アオイ科の落葉低木・小高木,園芸植物,薬用植物。ムクゲの別称

唐桑 (カラグワ)

植物。ミズキ科の落葉高木,園芸植物。ヤマボウシの別称

唐桑 (トウグワ)

植物。クワ科の落葉高木,薬用植物。マクワの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

唐桑の関連キーワード唐桑半島ビジターセンター 津波体験館宮城県気仙沼市唐桑町崎浜日本のおもな郷土玩具気仙沼県立自然公園宮城県気仙沼市大島(宮城県)気仙沼(市)室根神社大祭風車(玩具)鈴木勘右衛門気仙沼[市]小野 末吉鈴木 哲朗唐桑[町]畠山重篤鈴木哲朗巨釜半造気仙沼湾王子が岳鹿折金山

唐桑の関連情報