コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木忠孝 すずき ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木忠孝 すずき-ただたか

1862-1918 明治-大正時代の国学者。
文久2年10月1日生まれ。明治18年国語教員検定試験に合格。松江中学,鳥取中学,のち東京にでて国語伝習所,跡見女学校などでおしえる。「万葉集」の歌風を愛好し,32年香川景樹(かげき)の歌風を批判した「難桂園一枝」をあらわした。大正7年6月20日死去。57歳。因幡(いなば)(鳥取県)出身。号は松園

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木忠孝の関連キーワード大正時代国学者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android