コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木正長 すずき まさなが

2件 の用語解説(鈴木正長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木正長 すずき-まさなが

1732-1806 江戸時代中期-後期の武士。
享保(きょうほう)17年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩家老。農民に倹約・備荒貯蓄をすすめ,郷蔵をたてるなど,飢饉対策をおしすすめ,天明3年の大凶作にも領内から餓死者をださなかった。文化3年1月30日死去。75歳。通称は武助(ぶすけ)。号は蘭庭,為蝶軒(いちょうけん)。著作に「農喩(のうゆ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴木正長

没年:文化3.1.30(1806.3.19)
生年:享保17(1732)
江戸中後期の下野国(栃木県)黒羽藩家老。黒羽生まれ。父は重武。通称武介(助),号は為蝶軒。宝暦8(1758)年大吟味役,民政家として活躍。明和5(1768)年郷方改役につき,疲弊した農村の復興と,間引きの悪習を改めさせた。天明の大飢饉に際して,領内からひとりも餓死者を出さなかった。寛政10(1798)年致仕。松平定信へ建白書を提出して寛政改革に対する意見を述べた。また蒲生君平高山彦九郎ら勤王家とも交わり,彼らを援助した人物として知られる。<著作>『農喩』

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木正長の関連キーワード海軍奉行陸軍奉行大関高増(2)大関弾右衛門大関増興大関増輔大関増儀大関増陽藤平謹一郎横田綱敷

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone