コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒羽 くろばね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒羽
くろばね

栃木県北東部,大田原市東半分を占める旧町域。八溝山地の西斜面,那珂川上流部にある。 1889年町制。 1955年川西町および須賀川村,両郷村の2村と合体。 2005年大田原市に編入。中心集落の黒羽は古くは黒羽藩大関氏の城下町。ほとんどは森林で,農林業を主体とし,製材業も盛ん。米のほかタバコ,コンニャクも栽培される。鎌倉時代に開かれた雲巌寺には国指定重要文化財の絹本著色仏応禅師像などの寺宝がある。那珂川のアユ漁は有名で,期間をかぎってが設けられ,多くの観光客,釣り客を集める。一部は八溝県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くろ‐は【黒羽】

黒い鳥の羽。
鷲(わし)の黒い羽で作った矢。
「―、白羽、染羽、色々の矢ども」〈義経記・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くろは【黒羽】

黒い羽。特にワシの黒い羽をいい、矢羽根に用いた。黒づ羽。
「黒羽二重くろはぶたえ」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒羽
くろばね

栃木県北東部、那須(なす)郡の、茨城・福島県と境を接する位置にあった旧町名(黒羽町(まち))。現在は大田原(おおたわら)市の東部を占める地域。旧黒羽町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)川西町、両郷(りょうごう)村、須賀川村と合併。2005年(平成17)大田原市に編入。国道294号、461号が通じる。旧町域の中心の黒羽田町は黒羽藩(大関氏)1万8000石の城下町として、その後那須地方の一中心地として発展してきた。西縁は那珂(なか)川沿岸低地を中心に水田が開かれ、東側は八溝(やみぞ)山地で、これを切り刻む那珂川水系の武茂(むも)川などのつくる谷沿いに水田と集落がある。南東縁部のみは久慈(くじ)川水系に属する。おもな産業は、米、野菜、酪農を中心とする農業であり、主要交通路から離れているため、工業化は後れている。八溝山地一帯は八溝県立自然公園に指定されている。[櫻井明久]
『『黒羽町誌』(1982・黒羽町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

黒羽の関連キーワード栃木県大田原市前田栃木県大田原市大関高増(1)黒羽芭蕉の館大田原(市)大丸[温泉]高田 耘平仕切り矧ぎ境ノ明神峠植木 憲道義観(1)大塚啓三郎益子[町]田村 大三石川 暮人石川 寒巌黒羽[町]横堀 三子黒羽麻璃央海軍奉行

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒羽の関連情報