コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿甚右衛門 すずか じんえもん

2件 の用語解説(鈴鹿甚右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴鹿甚右衛門 すずか-じんえもん

1819-1861 江戸時代後期の豪商。
文政2年1月生まれ。父と近江(おうみ)(滋賀県)から江差(北海道)にわたり財をきずく。父の遺志をつぎ,私費で安政4年より北海道南部で太田山道,狩場山道,鶉(うずら)山道をひらいた。文久元年8月26日死去。43歳。近江出身。屋号は橋本屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鈴鹿甚右衛門

没年:文久1.8.26(1861.9.30)
生年:文政2.1(1819)
江戸後期の商人。初代橋本屋甚右衛門の長男。近江国(滋賀県)生まれ。幼名は甚助。のち鈴鹿姓を名乗る。1820年代父と共に北海道に渡り,江差で呉服商を営んだ。上方との取引を積極的に行い,松前や弘前にも商権を広げて,江差屈指の豪商となる。安政4(1857)年,父の死去により2代目を襲名。蝦夷地の西海岸は道路が未整備のため,甚右衛門父子は津軽の長坂庄兵衛と計って太田山道,狩場山道の自費開削を行った。安政4年には,江差・箱館間の鶉山道を完成させた。しかし,初代甚右衛門が「実に壱ケ場所位仰せ付けられ候ては,此新道切開の雑用覚束なく」と述べているように,単なる公共目的の道路開削ではなく,自らの商業活動の拡大という意図も存在したのである。<参考文献>高倉新一郎『北の先覚』

(桑原真人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴鹿甚右衛門の関連キーワード鈴木英仲石黒甚右衛門岡田甚右衛門酒井田柿右衛門(2代)高木作右衛門(10代)高木作右衛門(11代)野村屋甚兵衛橋本お現東島徳右衛門升屋平右衛門(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone