コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄撮棒 かなさいぼう

大辞林 第三版の解説

かなさいぼう【鉄撮棒】

敵を打ち倒すための武器。六角・八角などに削った棒に筋鉄すじがねを伏せ、鉄の鋲びようを打ち並べ、鉄輪かなわをはめ、上下に石突きを入れたものが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鉄撮棒の言及

【撮棒】より

…邪気・穢気をはらう呪力を持つとされた長い木の棒。鉄製で突起などをつけたものを鉄撮棒(かなさいぼう)という。先を丸くくびれさせた形状からみて,陽物をかたどったものと推定される。…

【棒術】より

…これらは,戦で相当有力な武器であったらしい。〈鉄撮(かなさい)棒〉といって,筋金入りで鉄のいぼを打ちつけた8尺(約2.42m)のものまであったようである。棒はこのように自然発生的に武器として用いられているうちに,武術として発達し,長さも6尺(約1.82m)を規格として六尺棒といわれた。…

※「鉄撮棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄撮棒の関連キーワード石突き撮棒

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android