コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄撮棒 かなさいぼう

大辞林 第三版の解説

かなさいぼう【鉄撮棒】

敵を打ち倒すための武器。六角・八角などに削った棒に筋鉄すじがねを伏せ、鉄の鋲びようを打ち並べ、鉄輪かなわをはめ、上下に石突きを入れたものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鉄撮棒の言及

【撮棒】より

…邪気・穢気をはらう呪力を持つとされた長い木の棒。鉄製で突起などをつけたものを鉄撮棒(かなさいぼう)という。先を丸くくびれさせた形状からみて,陽物をかたどったものと推定される。…

【棒術】より

…これらは,戦で相当有力な武器であったらしい。〈鉄撮(かなさい)棒〉といって,筋金入りで鉄のいぼを打ちつけた8尺(約2.42m)のものまであったようである。棒はこのように自然発生的に武器として用いられているうちに,武術として発達し,長さも6尺(約1.82m)を規格として六尺棒といわれた。…

※「鉄撮棒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鉄撮棒の関連キーワード石突き撮棒

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android